私の山歩きの旅記録です

by ty808080
2017.H29.11/9. 山梨&長野県境  大弛峠より 北奥仙丈ケ岳 (標高 2601m)
天気予報が晴れと出たので思い立ち決めた。 去年も同じ山塊にある国師ヶ岳に登ったが
表示板を見落とし登りそびれてしまった、ずっと気がかりだったので、それを解消する為
AM 4:30 に出発 秩父大滝村辺りから空が白み始める、県境の雁坂トンネルを
過ぎると素晴らしいご来光〜
f0302214_02493430.jpg
通い慣れた牧丘から右にハンドルを切り 一段高度が高くなる
素敵なハイウエイ・クリスタルラインだ 延々と続くカラマツの黄金色の紅葉を描いてきたが
時すでに遅く落葉済み残念でした。この道の最高地点 2350mが大弛峠です
f0302214_02013498.jpg
この地点からは金峰山・甲武信岳・北奥仙丈ヶ岳・国師ヶ岳 等の 2000m 級の山に登れます〜
f0302214_02035216.jpg
今日目指すは北奥仙ヶ丈岳 荒々しい岩肌に木製の階段が延々と敷かれていて大変歩きやすい之を
設置する労力は大変だったろうな .......... 1箇所の破損も見当たら無いなど思いつつ高度を
上げる 何度か登っているので気楽に登れる 天空の庭園到着
f0302214_02075490.jpg
しかし今は雲の中らしく楽しみにしていた素晴らしい景色は見えなかったので 先へ進む ......
f0302214_02092928.jpg
前国師岳 標高 2570m 到着 ........ 次の案内板を見落とさずに前進 前進!
f0302214_02113044.jpg
強風 肌を刺すような生まれて初めて経験した風だった 目前を雲が凄いスピ〜ドで飛んで行く〜
之も生まれて初めて経験でした 記念写真撮りコメツガに付着した霧氷が何とも美しい
f0302214_02144912.jpg
f0302214_02293592.jpg
奥北仙丈ヶ岳へ取り付き 難なく頂上に到着 ...... しかし物凄く冷たい
f0302214_02260435.jpg
あまりの寒さに下山ほんの少し降りれば風は感じない 奥千丈岳の登り口広場で、初めて買った
携帯コンロでお湯を沸かし カップラーメンの早めのお昼を頂くチョット感激!
f0302214_02363932.jpg
ほとんど人がいないので気楽な山歩きだ 前国師丈まで降りてきた視界が開けて富士山にも
お目にかかれた 風もなく心地よい陽だまりハイクだなぁ〜
f0302214_02394663.jpg
と感じつつ来た道の階段を踏み外さぬよう慎重に無事下山いたしました 良き日85歳の山遊びでした

★★★★★★★★★★ My山歩記 北奥仙丈ケ岳 MOVIE ★★★★★★★★★★


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ オキナインコへ

[PR]
# by ty808080 | 2017-11-14 02:43 | 最近登った山 | Comments(0)
ここ数年来、紅葉の時期は必ず訪れていた照葉峡の素晴らしい紅葉は 今年2017年は
10月以降の異常な長雨により諦めざるをえない状態となりました ........ 残念です
ですので、せめて過去映像の おさらいです〜
★★★★★★★★★★ My山歩記 2012.10/20 照葉峡 MOVIE ★★★★★★★★★★



★★★★★★★★★★ My山歩記 2014.10/9 照葉峡 MOVIE ★★★★★★★★★★



★★★★★★★★★ My山歩記 2015.10/22 尾瀬 大清水〜戸倉温泉 MOVIE ★★★★★★★★★



★★★★★★★★★★ My山歩記 2016 .10/18 照葉峡の紅葉 ★★★★★★★★★★


ようやく お天気も大分安定した様子と成ってきたので、これからやっと紅葉を求めて
動き出すとしますか ....... (笑)


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ オキナインコへ

[PR]
# by ty808080 | 2017-11-02 00:46 | その他 | Comments(0)
私が定期的に最も数多く登っている山が最寄りのホ~ムグラウンド マウンテン
日高市内に有る 日和田山 標高 305m この山は都市部から近く低山ながら
軽いロッククライミング気分で登れる男坂 ハイキング気分で登れる女坂と有り
85歳の私でも お散歩気分で気軽な山登りが出来て登って降りてくるだけで
筋トレに成る有り難い御山です~
f0302214_14254781.jpg
★ 2017. 8/27
1ケ月半振り足慣らしの日和田山に登ってきました 途中地元の生協に立ち寄り
野菜を購入してから日和田山隣接の 駐車場に車を預けて、身軽に登山開始
f0302214_14282087.jpg
何時も歩きなれた山男坂ルートを当然のように登る、岸壁に取り付きコースを
黙々と登る いつもながら休憩時間は全然無し、頂上に到着今日は珍しく大勢の人
考えてみたら日曜日だっので納得 記念撮影をして即下山 (笑)
f0302214_14310795.jpg
歩きにくい下山道に手古摺りながら椿谷下山道に入り幾らか歩き良くなる
途中、日和田山名物 男岩と女岩の大きな岸壁にロープを張り沢山のグループの
人たちが楽しそうに岩登りを楽しんでる姿を左に見ながら下り 一山越して
一の鳥居に出て駐車場までひと歩き
f0302214_14341689.jpg
f0302214_14362345.jpg
今日のミッションは此れでしまい1時間30分の行程だった ....... お疲れ様 !!!
あとは食料品の買い出しを済ませて帰宅

★ 2017. 9/21
今日は巾着田の彼岸花が満開と成ったとの事で、その見物ついでの日和田山
筋トレッキング~ 、まずは お花見の前に山登り ..... 登るコ~スは当然ハ~ドな
男坂の岩登り こちらは両手足を使った良い筋トレに成るのだ .......
f0302214_14380796.jpg
f0302214_14393129.jpg
f0302214_14415502.jpg
お年寄りでも、まだ体力に自信の有る方に是非、緒薦めの山登りコ~スです
さすがに 巾着田の彼岸花見物と登山を一緒に楽しむ方々が多く山腹の
金刀毘羅神社 二の鳥居 周辺は大盛況で眼下の環状の渓谷 巾着田の絶景を
堪能されていた (笑)

f0302214_14442664.jpg
f0302214_14460576.jpg
その後、山頂迄 登り広大な関東平野を眺めると今日は東京スカイツリ~迄
良く見渡せた~
f0302214_14500674.jpg
f0302214_14482377.jpg
★★★★★★★★★★ 日和田山 筋トレッキング MOVIE ★★★★★★★★★★


後は毎年恒例の曼珠沙華を見物して帰るか~

f0302214_15013716.jpg
f0302214_14595519.jpg
★★★★★★★★★★ 2017. 9/21 巾着田の曼珠沙華MOVIE ★★★★★★★★★★


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ オキナインコへ
[PR]
# by ty808080 | 2017-10-09 15:06 | 最近登った山 | Comments(0)
⭐️2017年7月11日 雄国山と雄国沼のニッコウキスゲ
予てより望んでいた雄国沼、にっこうきすげの見物敢行 色々日取りを考え合わせて今日と決めた
AM3:00出発 流石に此の時間 ........ 車は殆ど居ない東北道を福島県、磐越道を目指し直走る
最初の内は東北道独り占めの感だったが徐々に車の数は増えて雄国沼下の雄国萩平駐車場に
着いたのは AM7:30位かな〜?
f0302214_17585087.jpg
雄国沼では ニッコウキスゲ開花期間中 車の渋滞緩和と自然環境保護の為、6月3日 ~7月17日の間
マイカ〜規制を実施との事でした

ここより先、雄国沼湿原の有る金澤峠までは有料のシャトルバスで向かうことと成ります
7;55発に乗車 ........ 明けきっていない狭い急登のジグザグ道は360度近く回転するかと思える道路
ガードレールの外は千尋の谷底 ..........ドライバーさんは慣れたもので凄いスピードで登りきった
f0302214_18041097.jpg
3年前に来た見覚えのある駐車場、中央部に見晴し台 ........ 今日はキスゲは黄色く満開に見える
前は10日程来るのが遅くなったので、この広い沼に二輪咲いてて、和ませてくれたっけ (笑)
f0302214_18083542.jpg
先ず雄国山登山から始めよう ....... 金澤峠より眼下左方向へ1Km 程歩くと雄国沼 休憩舎に到着
その裏手が雄国山 山頂へ続く登山道でした
f0302214_18173983.jpg
f0302214_18154987.jpg
コレが、まるで丘の小道のお散歩のような歩き良い道だ~ 中腹辺りに来ると雄国沼方面を
振り返ると満開であろうニッコウキスゲの黄色も感じられる
f0302214_18210723.jpg
f0302214_18222983.jpg
そして外輪山 猫魔ケ岳の奥から私も忘れないで~!と 磐梯山が顔を覗かせている雄大な風景が
頂上に着くまで見ながら登山という豪華さだ~頂上の見晴らし櫓より更にこの目に焼き付けて
ルンルンで下山した ........ 85歳の私にも楽々登れた雄国山バンザ~イ!
f0302214_18250870.jpg
f0302214_18263588.jpg
f0302214_18290883.jpg
沼に降りて木道を一周し記念写真も沢山撮ってもらい、キスゲ見物終了
今日は学生さん達や 一般客も大勢で賑やかな花見旅でした

★★★★★★★★★★ 雄国山と雄国沼のニッコウキスゲ MOVIE ★★★★★★★★★★


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ オキナインコへ
[PR]
# by ty808080 | 2017-07-15 18:32 | 最近登った山 | Comments(0)
2017年 6月5日  岩原スキー場より 飯士山 標高 1111.8m
f0302214_02592133.jpg
以前八海山に登った時、春スキー場のゲレンデには 蕨、山うどなどの山菜が豊富にあり
採取しても何の問題無いのお話を耳にしていたので、今年は「飯士山」登ると決めていたので
梅雨入りも間近なようで 天気予報では5日が良さそうと思い決行とした
f0302214_02410539.jpg
AM 5:00 出発する この時期、太陽は既に高く登り 雲ひとつ無い快晴心もウキウキ
関越自動車道をひた走る トンネルを抜けて山を下ると新潟湯沢スキー場の大パノラマが開ける
f0302214_02301206.jpg
岩原スキー場リフト乗り場に駐車する、数台の車が既に駐車していた 身支度を整えてイザ
出発 ...... 目前のゲレンデを一直線に登る 直ぐに両脇の緑地には 育ち過ぎた食用にならない蕨が
一杯です それでも幾人かの人達は穂先の柔らかな部分を袋一杯に採取しておられた
f0302214_02434743.jpg
この道を30分も登ると道は右折する、ゲレンデを横断する形だ 次は上に向かってのジグザグの道
これが歩きにくい石ころ道で靴底に馴染まない、いや〜な道だ ....... 然し我慢して高度が上がると
なんと蕨が食べごろな物が無限に生えている キャラブキが作れそうな蕗も彼方此方に生えている
f0302214_02382910.jpg
谷空木の可憐なピンク色の花に癒されながら高度を稼ぐ
f0302214_02361559.jpg
f0302214_02333655.jpg
f0302214_02470735.jpg
ゲレンデ歩きも終わり本格山道に入り地元の名をかぶせた富士山と呼ばれるだけあり結構な
急斜面である ....... 至る所にロープが張られていて幅の狭い馬の背上の稜線を歩いて行く
大小の石が凸凹でギリギリの崖淵を命がけ登りの連続である ...... (笑)
f0302214_03041806.jpg
先ずフクラハギに異常を感じた、すかさずサロンパスを吹きかけて急場を凌ぎ、ヤットの思いで
頂上に出た〜と、思ったら遥か向こうに正三角形の飯士山が速くおいでと笑いかけている
f0302214_03155845.jpg
目を凝らして見ると団体さんが下山して来られるところだ、腰を下ろして暫く皆さんの通過を
待つことにした ........ 20人程の男女60~70代の大変お元気なグループだった 私の年齢を85歳と
明かしたものだから、大変驚かれ思いがけなく握手攻め ........ コンナ所で、チョイとスタ〜気分を
味あわせて頂いた〜 (笑)

さてこれからが大変、飯士山の 山頂直下までの崩れ落ちそうな道を必死で上り詰める ......
しかし脹脛が強烈に萎えてきた、山菜採りしながらの山歩きが意外に体力消耗を招いたかなぁ〜
仲々回復せず 座り込んでしばらく休憩 ..... 気をとり直し亀さんよりノロマな足取りで頂を目指す
f0302214_03075918.jpg
9合目から上は 悪路の鎖場を目前に さすがの私めも気持ちも体力も萎えて、またまた休憩 .......
ふと足元を見ると、綺麗なイワカガミ (岩鏡) イワウメ科の多年草が咲いており、癒された
f0302214_03111915.jpg
f0302214_03214933.jpg
この辺りでも略、山頂と同じ高度なので結構景色は良く まずまず満足がいったので今回は
無理せず ここで下山することにした ....... しかし仲々スリリングで良い山なので再度挑戦したい
山だなぁ〜、飯士山
f0302214_03094214.jpg
その後は湯沢市街に降りて ハツカ石温泉ユングパルナスに直行して温泉に飛び込み足の暖冷を
数回しだけで、あ〜ら不思議殆ど回復した〜 (笑)
f0302214_03531259.jpg
★★★★★★★★★★ 飯士山トレッキング MOVIE ★★★★★★★★★★


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ オキナインコへ
[PR]
# by ty808080 | 2017-06-23 03:44 | 最近登った山 | Comments(0)